ヒートショックプロテインで若返る。入浴と洗顔法。

ヒートショックプロテインで元気になる

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、ストレスがあると、傷ついた細胞を修復する働きのあるたんぱく質です。ヒートショックプロテインを増やすと、免疫力や代謝が上昇したり、乳酸の分泌を抑制する働きがあります。また、疲労を回復させたり、エンドルフィン(幸せホルモン)の分泌を促したりします。コラーゲンの生成が促進されるので肌がきれいになります。つまり元気になってきれいになって健康になります。

ヒートショックプロテインを増やす入浴法

1.水分をたっぷり補給しておく。

スポンサーリンク


2.浴槽の床、壁などにに熱めのシャワーをして、浴室全体を温めておく。

3.湯船につかる。時間は42℃→入浴10分、41℃→15分、40℃→20分。血行促進作用のある入浴剤を入れた場合は、時間を少なめにしても効果があります。

4.入浴したあと10分~15分くらい体が冷えないように、保温します。

ヒートショックプロテイン入浴法で大切なのは、湯船から出た後、体温を38℃以上にキープすることです。体温を38℃以上にキープすることで、カラダの中のヒートショックプロテインが増えます。この時の水分補給は体を冷やさないように冷たい飲み物ではなくて温かい飲み物にしましょう。上記の入浴を週に2回くらいすると効果が期待できます。ヒートショックプロテインは1週間くらい体内に残り、1番増えるのは2日後です。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です